温泉

2007年8月 1日 (水)

孫六温泉

秋田の乳頭温泉郷、孫六温泉へ行ってきました。デジカメ(Coolpix5700)が故障してしまって写真を撮れなかったので、概要だけ。

盛岡から乳頭温泉までの距離は、国道46号線で40キロくらいです。途中、奥羽山脈を横断するので、トンネルや深い渓谷を渡る橋が多いです。とくに仙岩トンネルは、狭いし長いしいつ通っても恐いです。

乳頭山に入り、水沢温泉郷のあたりを過ぎると、硫黄の匂いがしてきす。有名な鶴の湯を過ぎ、ホテル群を通り抜け、休暇村とかいうロッジみたいなところで右折し、森の中の細い道に入ります。全部ブナの森で、改めて見ると圧倒されます。実家の方の山にも、尾根にブナが少しありますが、全部ブナの森は別世界。次は絶対デジカメを持ってこなければ。あと、ここは対向車とすれ違うのは大変です。

近くの黒湯との(たぶん)共同駐車場に車を停めて、崖を下ると孫六温泉が見えてきます。橋を渡った川沿いに、孫六温泉はあります。川幅は10メートルくらいで、川底が赤いです。料金は400百円、子供は200円。露天と唐子の湯があります。自分は、唐子の湯には入ったことがなくて、特に理由はないのですが今回も入りませんでした(次は入る!)。お湯は、硫黄の臭いがします。一人で温泉に浸かっていたら、小学2年生くらいの男の子と幼稚園くらいの女の子の兄弟が入ってきました。人懐い子たちで、よく話し掛けてきます。少し遊んであげて、30分くらいで上がりました。

泉質は、単純泉・単純硫化水素泉。

効能は、眼病・リウマチ・婦人病・創傷・火傷・心臓病です。

今回入ったら、仕事で疲弊していたのが、なんか元気になりました。効能と関係ないけど。

温泉のあと、近くの田沢湖へ寄り、湖を眺めてきました。日本一深い湖です。夕日に輝いて、とてもきれいでした。

帰り道、雫石に入って両側が草地の場所で、テンが道路に飛び出してきました。直前まで逃げなくて、あぶなく轢くところだった。うーん、カメラがあれば!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月11日 (日)

ゆうゆうゆ~らく

10年くらい前まで、岩手と青森の温泉めぐりしてました。週休2日が始まったら、また温泉めぐりを始めようと思っていました。

まずは、地元の金田一温泉から。ホテルや座敷わらしで有名な緑風荘などがありますが、気軽に楽しめるのは「金田一温泉センターゆうゆうゆ~らく」だと思います。

Dscn0005

駐車場にある看板が目印。駐車場は広くて、200台停められます。車でないと、ちょっと面倒かも。駅から遠いですから。大型タクシーで来ているお客さんもいました。駅から、定期バスもあります。

車での道順は、4号線を青森方面に向かうと、右折で八戸・軽米方面の県道があるのですが、入って200メートルくらいの信号手前を左折するといいです。って、こんなんじゃ分からないか。看板が出ているので、なんとかなると思います。

Dscn0006

施設建物。中はさすがに撮影出来ませんでした。日曜日で、人も多かったし。

では、詳しい案内を。

【泉質】

単純泉(低張性弱アルカリ性)

【効能】

神経痛、筋肉痛、関節痛、運動麻痺、うちみ、慢性消化器病、冷え性、病後回復期、疲労回復。

【営業時間】

午前10時~午後10時(入浴受付は午後9時20分まで)

【利用料】

中学生以上600円、小学生300円、幼児100円。入湯税込み。

【休館日】

毎月第3月曜日。臨時休館することもあり。

【食堂】

午前11時30分~午後2時、午後4時~午後8時。(今日は、午後7時まででした)

【感想など】

今日は、連休の日曜日ということもあり、とても混んでいました。

まず、券売機で入湯券を購入し、カウンターに出します。細い渡り廊下を通ると、ひば風呂と岩風呂があって、1週間ごとに男湯と女湯を入れ替えます。今日は、ひば風呂が男湯でした。

脱衣所は、狭いです。人が多いこともありましたが、ちょっと窮屈でした。洗い場は全部埋まっていて、仕方ないので、いきなりサウナへ。ちょっと、イラっと来てます。サウナから出たら、洗い場が空いていたので体を洗い、ひば風呂へ。やっぱり温泉は、気持ちいいですね。さっきまでの不満も、忘れてしまいました。浴そうは、割と広いと思います。四畳半くらいのが3つ(1つは打たせ湯)に、八畳くらいが1つ。小さい水風呂もあり。お湯は、単純にお湯って感じです。自分は、硫黄っぽいお湯より、こういうお湯の方が好きです。

入浴後は、2階の畳敷き休憩室へ。自分はやらなかったけど、マッサージも受けられます。ここで、しばらく横になりました。入湯後の休憩が、一番リラックスできますね。腰痛がひどいので、ストレッチも少々。食堂で、塩ラーメンを食べました。テレビに映るようなラーメン屋より、こういうちょっとした食堂のラーメンの方が好きです。

ここは温泉というより、健康ランドっぽい気もします。姉夫婦は、帰省すると必ずここに寄るので、人気はあると思います。帰りに、100万人突破記念で、紅白まんじゅうを頂きました。閉鎖した温泉施設がけっこうあるので、ここには頑張ってほしいです。

Dscn0003

駐車場にある、オブジェ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)