甲殻類

2014年6月 8日 (日)

初夏の生き物

午後3時。

曇り。暑いです。

Dsc_4726
家の前のアヤメ。家の裏のアヤメは今年は咲きませんでした...。

Dsc_4753
ワカバグモがアブのような昆虫を食べています。

Dsc_4767
ハナニガナ。いつも林道の真ん中に咲くので、刈り払いされてしまいます。

Dsc_4809 Dsc_4855
オオハナウド。たくさん咲いてます。今の時期の花の蜜を吸う昆虫の大事な餌になっています。

Dsc_4861
田んぼの苗も根付いてきました。

Dsc_4890
田んぼの畦に大量に咲いているマーガレット。帰化植物だけど、駆除されずに勢力を広げています。

Dsc_4898
ヤマボウシ。総苞片が真っ白になるときれいですね。

Dsc_4916
この後飛び立った表面からすると、ベニシジミです。でもベニシジミらしくない裏面です。

Dsc_4928
ウスバシロチョウ。今年はチョウをたくさん撮影したいです。

Dsc_4888
ヒメフタオカゲロウだと思うのですが。水性昆虫は楽しいです。他の人はどんなカメラで撮影しているのでしょう。もっとうまく写したいです。

Dsc_4947
石をめくったらいました。サワガニ。

Dsc_4952
トワダカワゲラ。いつも見るのとちょっと違います。成虫になりかけかな。

実家からの帰りに、玉山区の山の中を車で通ったら、田んぼからニホンジカが2頭出てきました。分布を広げています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

若い個体をいくつか

午後2時30分。

晴れ/曇り。

今年はまだまだ暑いですねぇ。

Dsc_5763 Dsc_5772
ナツアカネ。子供のころは朝から薄暗くなるまで、一日中トンボを捕まえたり沢でカニを眺めたりしていました。

Dsc_5801
サンショウの実。ついこの間花が咲いていた気がするけど。仕事に追われてると、時間が過ぎるのがあっという間です。

Dsc_5807
裏山の林道の分岐点。濃い緑から枯れ葉色に替わり始めています。

Dsc_5847 Dsc_5854
たぶんヤマハッカ。

Dsc_5861
ハナカジカのいる沢沿いを歩いていたら、白花のツリフネソウに出会いました。初めて見たのでびっくり。この辺に数株ありました。

Dsc_5883
アケボノソウ。1本だけ咲いてます。数が減ってしまいましたね。

Dsc_5885
稚ガニを抱える母ガニ。沢の下流は護岸工事で生き物が住みづらい環境になってしまいました。この辺だけでも、この自然が残ってほしいです。

Dsc_5889
ハナカジカの幼魚。若い個体はめったに見られません(いても気づくのは難しいですし)。今日は他に2匹の大人カジカを見つけました。何年か前の土砂崩れで沢が埋まってしまって心配したけど、回復してきているようです。ひと安心です。

Dsc_5905
こちらは、オスのサワガニ。立派なハサミを持っています。

Dsc_5908
タゴガエルの幼体。手足が細いです。餌を獲って大人まで成長するのは大変なんだろうなぁ。

Dsc_5916
色を変えたアマガエル。

Dsc_5930
カラハナソウ。今週が盛りかも。定期的に山を歩いていると、毎週いまが旬の山野草に出会います。ヒット曲の歌詞の通りだなぁなんて実感します。

Dsc_5934 Dsc_5933
(たしか)3年前に伐採されたクルミの木が、ひこばえから実を付けるまでになりました。すごい再生能力。

Dsc_5936
モリアオガエルの幼体。こちらも手足が細いです。

Dsc_5949
上空をアマツバメが5羽飛んでいました。トンボを食べ放題なのか?ビュンビュン、バネのある飛び方をします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

子ガニ

午後3時。

曇り。

Dsc_5645
オオカマキリ。家の裏の林道のクズの葉にいました。お腹が大きいのでメスですね。山から下りてきても、このままでした。

Dsc_5659 Dsc_5662
沢に行って石をめくったら先週のメスガニがいて、石を取ったはずみでお腹から子ガニが2、3匹こぼれ落ちました。先週の時点で、卵がけっこう大きくなっていたから孵化してても不思議ではありません。でも、もう一人でも生きていけるかな?、子ガニ。

Dsc_5664
サワガニのいる沢。

Dsc_5679
田んぼの脇に咲いていたニラ。

Dsc_5687
稲が黄色く色づいてきました。甘い匂いもします。

Dsc_5746
家に帰ったら、カブトムシが飛んでいたので、手で捕まえました。小さな個体です。カブトムシのオスを見たのは、何年振りだろう。写真は初めてです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

豆を食むカモシカ

午後3時30分。

晴れ。

残暑が厳しい9月です。

Dsc_5423
でも、雲は高くて秋らしいなってきました。

Dsc_5464
裏山の沢で、大きめの石をめくったら、卵を抱えた雌ガニがいました。うわっ、ごめんなさい。どうか無事でありますように。

Dsc_5474
帰る途中畑の脇を歩いていたら、向こう側をカモシカが歩いていました。

Dsc_5480
全然こちらに気づかず、畑の豆を食べ始めました。

Dsc_5534 Dsc_5539
あまりに気づかないので、ガサゴソ近づいたらやっと気づいてくれました。

Dsc_5569
それでも、平然と豆を食べ続けます。耳は必ずこちらに向けて、警戒は怠りませんが。

Dsc_5580
カモシカをおいて帰ることにしました。近くを通っても逃げません。この顔は、この間の親子カモシカの母親ではなくて、以前からよく出会ってた「カモちゃん」かも。警戒心が薄いところも似てるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月31日 (日)

サワガニ

昼1時。

曇り、たまに小雨。

午前中は晴れていたんだけど、実家に着いたら曇ってきました。もっと早く出ればよかった。

Dsc_3220

先週に引き続き、ハナカジカのいる沢へ行きました。サワガニがたくさん出歩いていました。写真は、右手が大きいのでオスですね。何か、ピンク色のものを食べています。

Dsc_3223

この沢では、何故かオスガニしか見なかったのですが、初めてメスガニを見つけました。それも、かなり大きな個体です。沢の急流(カニにとって)を、盛んに動き回っています。

Dsc_3229

さらにもう1匹、メスガニがいました。こちらも大きめの個体です。他にも、小柄な個体がたくさん歩いていました。冬眠の準備で、餌を探してるのかな。水は、手を入れたら、まだぬるかったです。

Dsc_3261

下流の水量の多い場所。イワナが何匹かいました。

Dsc_3302

出発するとき、以前アカネズミを撮影した場所に、ヒマワリの種を撒いておいたら、なくなってました。もしかしてと思い、もう一度撒いてちょっと待っていたら、黒い影がチラッ。カメラを構えなおしてたら、ヒミズが現れました。トンネルるから飛び出して、一瞬でヒマワリの種を咥えていきます。予めピントを合わせたり、いろいろ試してみたけど、ピントの合った写真は撮れませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

ハナカジカを探しに

昼12時30分。

曇り。

今日も天気が悪いです。

Dsc_3125

木の葉もが、ちょっと茶色くなってきました。

Dsc_3127

今年はキノコが多いです。名前の分からないのが、ほとんどですけど。

Dsc_3145

ハナカジカを探しに、沢の上流へ入りました。今年は、ハナカジカを一度だけ見ました。いつもの年だと、秋にこの沢の浅瀬で、稚魚を見るのですが、今年は目にしないです。絶滅していそうで心配です。

Dsc_3146

石をめくったら、いました。ヤマアカガエルかな。息はどうしてるんだろう。

Dsc_3149

秋は、サワガニをよく見ます。オスです。何か食べてますね。

Dsc_3156

オニヤンマのヤゴ。あと、メスのオニヤンマが1匹、産卵のために沢の上を旋回していました。

Dsc_3160

沢に落ち葉が増えてきました。紅葉は、まだ始まったばかりです。

Dsc_3170

沢を50メートルほど遡上して、落ち葉をめくったらいました。撮影は、1年ぶりです。とりあえず絶滅してなくてよかった。今年は暑かったから、上流に移動したのかな。この後、3匹見つけました。1匹は、いままで見つけたことのなかった、細い支流にいました。なんとか生き残ってほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

ハナカジカだった...

昼12時過ぎ。

晴れ。

遅くに盛岡から戻ってきました。

Dsc_0875

いつもだとお昼には見かけなるのですが、栗がたくさん落ちてるからか、あちこちでリスを見ます。昨年は不作だったけど、今年は栗が豊作です。

Dsc_0879

稲刈りの最盛期。うちは、父が年をとって田んぼをやめてしまいました。

いつものクマが出た沢に行きました。

Dsc_0882 Dsc_0885

石をめくったら、カジカがビチビチと30cmくらいジャンプして、手にぶつかりました。ヌメって、ちょっとびっくりした。それで、よく見たらいままで見ることのできなかった腹ビレが出てます。さらに、その腹ビレに黒斑があります。これは、ハナカジカとカジカを区別するときの特徴の一つです。カジカには黒斑がないそうなので、ここのカジカは、ハナカジカだったようです。隣村の小学校では、保護活動をしてるってニュースになってたし、ここにハナカジカがいてもおかしくないですね。東北のハナカジカは、絶滅危惧種になってるので、ここの環境はとても貴重かもしれません。

Dsc_0902

ヤマアカガエルが、沢の中に。じっとしてて、全然動かないです。早くも冬眠してるのかな。

リンドウ畑へ移動しました。

Dsc_0945

たぶん、オニヤンマのヤゴ。こちらの沢では、サワガニが何匹も死んでて、もしかしたらリンドウ畑の農薬が流出したかもしれないです。

Dsc_0946

ヒキガエルが、穴の中にいました。眠ってるようです。

Dsc_0960 Dsc_0972

カナヘビ。1枚目が若い個体で、2枚目が大人。警戒すると、じっとして動かなくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

沢の生き物

午後2時。

晴れ。

盛岡から帰ってきて、裏山へ入りました。

Dsc_0735

サンショウの実が赤くなってきました。正確には、黒い実を包んでいる殻が赤いです。

Dsc_0738

ミヤマガマズミの方が、ガマズミより実が赤くなるのが早いです。

Dsc_0740

アキノキリンソウ。横に延びる株が多いです。

Dsc_0747

ツリバナ。あちこちで、見かけます。

Dsc_0761

マムシグサ。毎年、大きく立派な株に育つ場所です。

クマが出たことのある沢へ移動。

Dsc_0770 Dsc_0772 Dsc_0774

沢の落ち葉をめくると、小さなカジカがいます。2~3cmくらい。今年生まれかな。秋になると、姿を現わします。写真3枚とも、別な個体です。50cm間隔くらいで生息していました。

Dsc_0779 Dsc_0787

大きめの個体。10cmくらいかな。じっとして、あまり動かないです。

Dsc_0783

サワガニのオス。石をめくったらいました。すぐに、落ち葉の下に隠れようとします。

Dsc_0784

水の中に、ヤマアカガエル。林道を歩いてると、大きく育ったヤマアカガエルが、ぴょんぴょん飛び出します。

Dsc_0792

ルイヨウショウマの黒い実。実を付けてるのを見られるのは、人があまり来ないここだけです。他の場所は、その前に枯れるか、刈られてしまいます。

Dsc_0803

たばこ畑側のチカラシバ。秋になりました。肌寒いです。

Dsc_0808

リンドウ畑の沢のサワガニ。足がとれて、再生途中です。あまり動かなかっったです。昔は、この沢にたくさんのサワガニがいました。いまは、護岸工事などで激減してしまいました。

Dsc_0813

ヒガンバナ。たぶん、うちの父が植えたもの。これも秋っぽい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

春の野草

午前10時。

曇り。

朝、盛岡を出てきたので、ちょっと遅めに山へ入りました。今日は、天気があまりよくありません。

Dsc_2762

家の裏を上がったところにある、カツラの木。若葉がふんわりしてて、気に入ってます。

Dsc_2783

1週間ぶりに帰ってきたら、ヤマブキはもう終わりの方。満開を見逃しました。

Dsc_2791

ハナイカダも、葉が広がってきた。意外と、あちこちに自生しています。

Dsc_2803

スジグロシロチョウ。奇跡的に、ブレが少ない写真が1枚。

Dsc_2840 Dsc_2856

ミツバアケビの花と葉。これも、案外多いです。秋に、あまり実を見ませんけど。

Dsc_2869

マルバスミレ。かな。自信ないです。多くないです。

Dsc_2881

ムラサキケマン。だんだん咲き始めてます。多いです。ウスバシロチョウの幼虫が、この葉を食べるらしいので、探してみたいと思っています。

Dsc_2897

エゾタンポポの株。

Dsc_2924 Dsc_2927

クルマバソウ。群生している日当たりのいいところでは、今週が満開。油断して撮り逃すところでした。

Dsc_2929

サワガニがいました。昔に比べると、かなり減っています。

Dsc_2933

川底の石をめくったら、カジカが出てきました。撮影は、昨年の秋以来。沢が汚れてきているので、絶滅しないでほしいです。

Dsc_2935

クマがいる沢沿いの、ルイヨウショウマ。蕾が出てきて、やっと他の草と区別がつきました。

Dsc_2944 Dsc_2942 Dsc_2941

これは、うちの漆畑手前に自生している、ルイヨウショウマ。こちらの方が、成長が少し早いです。3株あります。

Dsc_2965

リンドウ畑脇の沢に咲いていた、ニリンソウ。今年やっと名前が分かった。

Dsc_2986

自信ないけど、ツボスミレ。とても小さいスミレです。

Dsc_3020 Dsc_3030

ルイヨウボタン。帰りに、いつもと違う山道を歩いたら咲いてました。いままで存在に気づきませんでした。

Dsc_3044

家の裏を上がった場所の、マムシグサ。マムシのような鞘を破って、中身が出てきてます。

Dsc_3048 Dsc_3057

家の側の畑の、クマガイソウ。今年も咲き始めました。成長が速くて、あっという間に大きくなりました。

夕方5時過ぎ。

再び裏山へ。

Dsc_3073

コマユミの花。実は、何度か撮影してますが、花は始めて写しました。地味だけどきれい。

ノネズミのトンネルの前で、姿を現すのをしばらく待ちました。けっこう待ったけど、結局、気配すらなかったです。

Dsc_3077

バッタの子供。種類は分からないです。もしかしたら、キリギリスの仲間?

Dsc_3079 Dsc_3081

夕方のウワミズザクラ。Nikon D80 のAFは、奥にピントを合わせる気がします。ブラシみたいな花を写すときは、マニュアルでピント合わせしてます。

Dsc_3087

ヤマブキ。花びらが、もう少しで落ちそうです。

裏山を歩いていたら、鳥のような生き物が、ひらひら飛んで行きました。もしかしたら、コウモリ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)