爬虫類

2011年5月15日 (日)

ヤマブキ

午後2時過ぎ。

晴れ。

実家に帰る途中、道路沿いにヤマブキが咲き誇っていました。

Dsc_5626

家の裏に咲いていたシロバナエンレイソウ。これも、いままで気づかなかったなぁ。

Dsc_5628

カツラの若葉。成長を楽しみにしていたもう1本は、伐採されてしまいました。

Dsc_5649

ヤマブキ。うちの裏山は藪が多いので、まとまってきれいに群生してるところはないです。

Dsc_5655

コナラの若葉。春っぽいです。

Dsc_5679

陽気がいいと、シマヘビが出てきます。

Dsc_5691

カキドオシの群落。

Dsc_5695

山の畑わきの小さな池を覗いたら、オシドリの番がいました。いつもながら、先に気づかれて、逃げられました。

Dsc_5725

みず(ウワバミソウ)。山菜として、茎を茹でてよく食べます。

Dsc_5732

ニリンソウ。これもあちこちに生えてます。

Dsc_5745

リンドウ畑の奥の池。ヒキガエルのオタマジャクシです。まっ黒ですね。

Dsc_5773

たぶん、ヤブキリの幼虫。

Dsc_5793

モズの番がいました。オスがメスに、餌をあげてました。

Dsc_5800

タチツボスミレ、かな。今年は、あまりスミレを撮影出来なかった。来年がんばりまする

Dsc_5824

モミジイチゴの白い花。今の時期は、ヤマブキの黄色とともに、とても映える色です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

まだまだ暑い

午前9時過ぎ。

晴れ。

今日はいい天気です。写真を撮るのが楽しみ。

Dsc_2343

とはいっても、森の中は暗いので、フラッシュ使いました。アキノキリンソウが、たくさん咲いていました。

Dsc_2380

ナンブアザミかなあ。図鑑によって、ガクが赤紫だったり、この写真のようだったり。まだまだ勉強不足です。

Dsc_2430

クモガタヒョウモンだと思うんだけど、これも自信ないです。写真を撮ってて、数は少ないけど、けっこういろんなヒョウモンがいるなあって感じます。

Dsc_2517

キタテハ。この辺では、秋にならないと、見られないです。あとは、キベリタテハを写したいです。でも、うちの周りでは見かけないから難しいです。

Dsc_2532

トノサマバッタ。何年振りかで、見かけました。ちょっと小柄な個体です。

Dsc_2540

イヌシデ。群生してると、それなりにきれいです。

Dsc_2602

コシオガマ。草刈りした後に咲いたので、背景に写っているように、茎が切れてます。

Dsc_2652

キチョウ。いままで、モンキチョウと混同してたかも。こちらの方が、黄色がきれい。

Dsc_2671

どんぐりは、茶色くなってきました。

Dsc_2682

高い場所の笹の上にいたので、アオダイショウかと思ったら、シマヘビでした。シマヘビも高い所に、上るんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

サイハイラン

午後1時30分。

曇りときどき晴れ。

家でゴロゴロしてたら、こんな時間になってしまいました。

Dsc_9418

ホオノキの花。林道沿いの低い場所に咲いてました。

Dsc_9439 Dsc_9445 Dsc_9448

先週、ヤマシャクヤクを撮影してて、踏ん付けてしまったサイハイラン。笹のような葉が1枚、地面を這っています。特徴あります。

Dsc_9510

オドリコソウ。たくさん咲いてました。いままで気付かなかったのは、毎年刈り払いされてしまうからだと思います。たぶん。

Dsc_9570

ミツバウツギの花にとまる、ウスバシロチョウ。たくさん飛んでるけど、咲いてる花が少なくて、とまる場所がない感じでした。いつもの年だと、オオハナウドの花によくとまっています。4月が寒かったので、季節が少しズレているのを感じます。

Dsc_9591

ベニシジミ。ちょっと地味な個体。

Dsc_9595

沢沿いに捨てられていたゴザに、シマヘビの幼蛇。始めてみました。成蛇とは全然違います。

Dsc_9617

ヤマツツジが咲いた後に、このピンクのツツジが咲きます。ツツジは、種類や品種が多くて、図鑑を見てもいまの自分には分類が出来ません。

Dsc_9646

ハクウンボク。田んぼの脇に1本だけなので、誰かが植えたもののようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

フデリンドウ

朝8時過ぎ。

晴れ。

実家の煙突跡で、ヤマガラが子育てしています。狭い家の中にチィチィ響いて、朝からうるさいです。

Dsc_8331

ヤマブキの見ごろは、今週までのようです。

Dsc_8339

ホオノキの葉がニョキニョキ伸びてきました。

Dsc_8350

スジグロシロチョウ。羽を開いているところは、あまり見ないです。

Dsc_8403

田植えが始まっています。

Dsc_8408

農道を歩いてたら、いつもカモを撮り逃している池に、カルガモが舞い降りるのが見えました。そっと近づいたのですが、カルガモ2羽があっという間に飛び立ってしまいました。あぁ、今日もダメだったと思った瞬間、今度はオシドリのオスが2羽飛び立っていきました。俺の目は節穴かと落ち込んでたら、背後からオシドリのメスが1羽飛び立ちました。落ち込んでる場合じゃない、なんとか飛んでいるところを、1枚写せました。

Dsc_8424

アカタテハ。見るのは二度目です。昨年は、夏の終わりに見て、羽がきれいでした。この個体は、葉がボロボロになってます。越冬したのかな。

Dsc_8441

飛んでるカケス。中々近づけない鳥です。いつも飛んでってしまう。

Dsc_8486

うちのリンドウ畑脇の山の斜面。カナヘビが出てきました。いつもどこにいるのかな。

Dsc_8543

帰りの途中、カモちゃんを目撃。気付かれないように後をつけたら、あっという間に、谷に下りて向こうの山へ行ってしまいました。

Dsc_8548

カモシカを追いかけていたら、足元にフデリンドウが咲いているのを見つけました。けっこう、咲いてる。小さいのに、形はリンドウ。とても好きな野草です。

Dsc_8590

すぐ上空を旋回し始めた、ノスリ。右の翼の根元の羽が欠けています。個体識別の手がかりになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

テングチョウなど

午前10時。

晴れ。

穏やかな天気です。

Dsc_6453

クマガイソウの芽が出てきました。

Dsc_6455 Dsc_6464

裏山にある田んぼから、ケロケロ声が聞こえます。行ってみたら、ヤマアカガエルの産卵が始まっていました。警戒心が強くて、近づくとほとんどのカエルが水中に潜って隠れました。

Dsc_6473

ミヤマガマズミの芽が、開いてきました。

Dsc_6510

テングチョウが、たくさん飛んでいました。越冬した個体たちですね。

Dsc_6511

冬に、ノウサギを探してて、うっかりミズバショウの芽を踏ん付けてしまいました。ちょっと後悔してます。

Dsc_6534

図鑑の分布図を見ると、この辺にヤマキチョウがいるはずです。でも、スジボソヤマキチョウなのか、ヤマキチョウなのか、自分では区別がつけらけないです。羽の白っぽいメスと2匹で、地面にごろりと横になってました。危なく踏んでしまうところだった。

Dsc_6553

咲いてるほとんどのアズマイチゲに、黒い虫がとりついてました。

Dsc_6596

大きなシマヘビが、日向ぼっこしてました。夏だと、あっという間に逃げて隠れるのですが、冬眠から覚めたばかりなのか、じっとして全然動きませんでした。

Dsc_6626

キブシの蕾が膨らんできてます。来週には咲きそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

ハナカジカだった...

昼12時過ぎ。

晴れ。

遅くに盛岡から戻ってきました。

Dsc_0875

いつもだとお昼には見かけなるのですが、栗がたくさん落ちてるからか、あちこちでリスを見ます。昨年は不作だったけど、今年は栗が豊作です。

Dsc_0879

稲刈りの最盛期。うちは、父が年をとって田んぼをやめてしまいました。

いつものクマが出た沢に行きました。

Dsc_0882 Dsc_0885

石をめくったら、カジカがビチビチと30cmくらいジャンプして、手にぶつかりました。ヌメって、ちょっとびっくりした。それで、よく見たらいままで見ることのできなかった腹ビレが出てます。さらに、その腹ビレに黒斑があります。これは、ハナカジカとカジカを区別するときの特徴の一つです。カジカには黒斑がないそうなので、ここのカジカは、ハナカジカだったようです。隣村の小学校では、保護活動をしてるってニュースになってたし、ここにハナカジカがいてもおかしくないですね。東北のハナカジカは、絶滅危惧種になってるので、ここの環境はとても貴重かもしれません。

Dsc_0902

ヤマアカガエルが、沢の中に。じっとしてて、全然動かないです。早くも冬眠してるのかな。

リンドウ畑へ移動しました。

Dsc_0945

たぶん、オニヤンマのヤゴ。こちらの沢では、サワガニが何匹も死んでて、もしかしたらリンドウ畑の農薬が流出したかもしれないです。

Dsc_0946

ヒキガエルが、穴の中にいました。眠ってるようです。

Dsc_0960 Dsc_0972

カナヘビ。1枚目が若い個体で、2枚目が大人。警戒すると、じっとして動かなくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

春の林道、2009

朝6時過ぎ。

晴れ。

毎年、4月の最初の休みに、裏山の林道を走破してます。今年も、出かけてみました。

Dsc_1484

ツノハシバミ...、かと。自信ない。秋に、ここで実を見たか、覚えてないです。

Dsc_1503

オシドリの番が飛んでました。で、先にうちの野菜畑の池を見に行ったら、ここにもオシドリの番がいて、あっという間に飛んで行きました。先のオシドリが着水した池を、見に行きました。近づくと、予想してた池の手前の池にオシドリがいて、先に気づいて飛んで逃げて行きました。写真は、その飛んでいく姿。

Dsc_1509

コケ。図鑑は持ってるけど、いまだに分類出来ません。

Dsc_1515

ミズナラの幹。皮が剥がれてるところが特徴。

Dsc_1519

アカマツの松ぼっくり。

Dsc_1522

カラマツの松ぼっくり。

Dsc_1526

クジャクチョウが飛んでました。

Dsc_1535

コナラかな。晴天です。

Dsc_1536 Dsc_1538

ケヤマハンノキ。たくさん生えてます。

Dsc_1545

奥中山方面。まだ、雪で白いです。

Dsc_1550

アカマツも多いです。この木は、平べったい感じ。

Dsc_1561

ナラの森。いつまでも、この森が続いてほしいです。

Dsc_1595 Dsc_1596

トチノキの芽。触れてみたら、ベトベトしてました。

Dsc_1601

ヒオドシチョウ。このチョウを、一番見かけます。

Dsc_1607

たぶん、スジボソヤマキチョウ。成虫で、越冬するとのこと。羽を閉じてとまるので分からないけど、表は濃い黄色できれいです。

Dsc_1629

木こりさんの小屋の近く。カナヘビが歩いてました。こちらに気づいて、じっとしてます。

今日は、耕運機とすれ違ったし、木こりさんも山仕事してました。この林道で人に会うのは、初めてです。

Dsc_1649

路上にあった、テンのフン。

尾根を歩いていたら、かなり近くで「ピーウ」とノスリの書き声がしました。何度か鳴いたけど、姿は見つけられませんでした。

Dsc_1661

山陰には、まだ雪が残っています。

Dsc_1670

カゲロウかカワゲラの幼虫。分類できるように勉強します。

Dsc_1678

沢沿いに落ちていた、リスの巨大な巣。

Dsc_1710

シマヘビも出てきました。よく見ると、2匹。複数いると、ちょっと不気味。

Dsc_1719

福寿草。今週、満開です。

Dsc_1731

田んぼの側溝のタニシ。タニシも数種類あるようだけど、この個体は細長いし、何ていう種類だろう。

Dsc_1750

家に戻ってきて。かなり上空を、ノスリが旋回してました。

Dsc_1761

アズマイチゲ。日が当らなくなると、花を閉じてしまいます。

朝6時から午後2時まで、8時間も歩いてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

沢の生き物

朝6時30分。

晴れ。

久しぶりに、朝早く山へ出かけます。

Dsc_8542

セスジツユムシのメス。やさしい雰囲気ですね。

Dsc_8543

昨年に比べると、漆の木の葉が少ない。風が強くて、落ちてしまったのかな。ウルシ科ウルシ属。

Dsc_8547

栗の木。今年は、栗がたくさんついてる。ブナ科クリ属。

Dsc_8568

近くの栗林には、栗拾いの人がいて、リスはいませんでした。獣道を歩いてたら、リスの鳴き声がしました。斜面の下の方の杉の幹にいます。しばらくして、近くに姿を現しました。でも、すぐにいなくなって、あとはスリスリと、クルミの実を削る音だけがしてました。

Dsc_8590

サワアザミの蜜を吸う、イチモンジセセリ。なんか、かわいくて気に入ってます。セセリチョウ科イチモンジセセリ属。

Dsc_8602

クマのいる沢の、ゲンマショウコ。花が落ちてる。フウロソウ科フウロソウ属。

Dsc_8606

沢に落ちてる落ち葉をめくったら、大きなヤゴが現れました。オニヤンマだと思います。成虫も飛んでますし。

Dsc_8610

石をひっくり返したら、サワガニがいました。子供の頃は、サワガニが大好きで、毎日のように沢で石をひっくり返してた。サワガニ科サワガニ属。

Dsc_8612

トチノキの実。丸いです。トチノキ科トチノキ属。

Dsc_8620

マタタビ。猫が好きらしいのですが、猫がマタタビとじゃれているところは、見たことないです。マタタビ科マタタビ属。

Dsc_8626

コブシの実。春一番に花が咲くのに、実が出来るのは遅いですね。モクレン科モクレン属。

うちのリンドウ畑へ移動。リンドウは、出荷できそうな花は、なくなってました。

Dsc_8659 Dsc_8660 Dsc_8663

ここで必ず見られる、カナヘビ。これは、小さくてかわいい。尻尾が長くて、なかなか全身を写せません。カナヘビ科カナヘビ属。

Dsc_8674

シマヘビ。この個体は、色が鮮やかです。赤い目が特徴。ナミヘビ科ナメラ属。

Dsc_8690

ハクウンボク。ヤマガラが4羽、交互にこの実を持って行きました。こんな大きな実も、食べるんですね。エゴノキ科エゴノキ属。

Dsc_8695

イワナ。ヒレの白い婚姻色が、きれい。サケ科イワナ属。

裏山へ移動。

Dsc_8714

たぶん、タチドコロ。ヤマノイモ科ヤマノイモ属。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

朝6時30分。

晴れ。

明日から仕事が忙しくなるので、平日ですが休みにしました。今日は、シグマの500mmズームで撮影します。

Dsc_7629

獣道にあった、ツルニンジン。別な場所にもあるってことで、なんか安心。

Dsc_7652

500mmズームを使うのは久しぶりで、リスの動きについていけませんでした。

Dsc_7666

アキアカネでいいと思います。

Dsc_7671

栗が落ち始めました。昨年に比べると、出来がよさそうです。

Dsc_7681 Dsc_7683

これは、よその家の田んぼ。そろそろ稲刈りの時期。うちは、田んぼを止めました。

Dsc_7703 Dsc_7716 Dsc_7734

このヘビは、何という種類だろう。線がないから、シマヘビではないと思う。図鑑からすると、ジムグリに似ているけど。

Dsc_7754 Dsc_7756 Dsc_7758

ヤマハンノキ。いつもここを通って、何の木かなと思ってて、図鑑からやっと見つけた。少なくとも、ハンノキ属の木であることは、間違いないと思います。

Dsc_7772

ガマズミなのか?赤い実に、毛がたくさん生えてる。または、毛ではなくカビかな。

Dsc_7798

葉の表面がツルツルしてるし、先っぽが尖ってるし、ミヤマガマズミです。ガマズミの葉は、毛深いです。最近、ガマズミとの区別が分かってきた。どちらも林の中に、混在してます。

Dsc_7805

アキノキリンソウ。黄色が滲んで、中々うまく撮影出来ないです。

Dsc_7807

白いけど、ノコンギクかな。うーん、分からん。

Dsc_7810

ヤマボウシの実。赤くなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)