両生類

2016年6月12日 (日)

カモシカの親子

午後3時前。

曇り。

Dsc_6863
ノアザミ。6月に楽しみにしている野草です。

Dsc_6878
シュレーゲルアオガエル。笹の葉にペタっとくっついてました。

Dsc_6889
ノイバラの花。濃い緑の葉と白い花、黄色いおしべがきれいですね。

Dsc_6920
ツルマンネングサ。田んぼ周辺に多いです。

Dsc_6934
ニホンカワトンボのメス。翅の白い斑点が目印です。

Dsc_6944
トンボなどを追いかけていたら、林の中でガサゴソ音がします。じっと立っていたら、カモシカが現れました。こちらには気づいていないようです。姿は見えないけれど、もう1頭いる気配がします。

Dsc_6988
林道に回り込んで追いかけたら、幼いカモシカも一緒です。生まれたばかりかな。とてもかわいいです。

Dsc_7004
ちょっと近づきすぎたのか、逃げられてしまいました。

Dsc_7043
ハナニガナ。林道の真ん中に咲くので、刈られてしまうことも多い野草です。黄色い花がきれいです。

Dsc_7051
ガマズミの白い花。秋に赤い実がつきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 3日 (日)

夏の生き物たち

午後3時前。

晴れ。暑いです。

まずは大きい川の辺に行ってみました。

Dsc_6414
ボタンヅルが咲き始めています。

Dsc_6509
マユタテアカネのオス。

Dsc_6514
田んぼのイナゴ。たぶんコバネ。丸々太っています。

裏山に移動していつものコース。

Dsc_6545
トウホクサンショウウオがいました。この間見たものより小さいです。それにしても何年も見られなかった成体を今年は続けて目にします。

Dsc_6555
ずっとギンヤンマだと思っていたのですが、どうやらカトリヤンマのようです。飛び回っていて枝とかにとまることがないので、ホバリングしている一瞬がシャッターチャンスです。

Dsc_6568
ヒメジャノメ。

Dsc_6575
クマのいる沢でタゴガエル。

Dsc_6590
クサフジ。図鑑を見るとクサフジにも類似種がたくさんあります。今度正確な分類をしてみます。

家に帰って夜8時頃。

Dsc_6623
家の裏に残飯を捨てに行ったら、ゴソゴソと生き物の気配がしました。真っ暗だけど物陰に隠れて覗いてみると、何かが行ったり来たりしています。慌ててカメラを用意し、ピントをマニュアルで適当に合わせてフラッシュを焚いたらタヌキが写っていました。けっこう太っていますね。あと、たまに「クーン」という感じで犬みたいな声を出しします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月22日 (日)

トウホクサンショウウオ

午後2時30分。

晴れときどき曇り。

Dsc_5078
ミツバウツギの種。ちゃんと花を見ないうちに、もう種になりました。季節が変わるのが早いです。

Dsc_5086
いつもトウホクサンショウウオが卵を産む小さな止水域で、縁をドンドンと揺すってみたら現れました。トウホクサンショウウオの成体を見るのは初めてです。何年もずっと探していたので感動しました。

Dsc_5108
きれいな状態のクジャクチョウ。近づくと逃げるので、撮影が難しいです。

Dsc_5156
ウラギンヒョウモンだと思います。たくさん飛んでます。

Dsc_5192
休耕田でヤマアカガエルの幼体。たくさん見かけますが、まだオタマジャクシの個体もいます。

Dsc_5217
えっと、バイカウツギかな。終わりの方の花です。花弁が落ちている状態の方が多かったです。

Dsc_5265 Dsc_5282
モリアオガエルの卵塊。池の周囲の木が伐採されたので、フキの葉に産みつけられていました。

Dsc_5324
シュレーゲルアオガエル。自分が見分けているモリアオガエルとの一番の違いは、指先が繊細なところかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月28日 (日)

芽吹き

午後4時。

晴れ。

遅い時間ですが、なかなか山へ行く時間を取れないので出かけてみました。

Dsc_7985
コブシの花がもう少しで咲きそうです。

Dsc_7989
ツノハシバミの芽吹き。

Dsc_7995
オオバクロモジももう少しで咲きそうです。

Dsc_8047
畑の畔にエゾエンゴサクが咲いてました。来週は花がなくなっていることでしょう。毎年いまの時期1回だけの出会いです。

Dsc_8053
スゲの仲間。正確な分類は知りません。いつかスゲの世界に入ってみたいです。

Dsc_8059
沢でハナカジカや川虫を30分くらい探し、帰ろうというときです。やっぱりもうちょっと探そうかなと沢に下りたら、黒い影が目に入りました。林道でクマが辺りを窺っています。そして、人がいることに気づかずにこちらに向かって歩いてきます。慌てて撮影したので記録写真です。もう少し大きく写そうと前に出たつもりが、足は反対の沢の中にバシャッ。振り返ってクマが歩いている方を見たら、もう姿はありませんでした。音もなく、一瞬で姿を隠しました。それはそれで怖いです。

Dsc_8068 Dsc_8073
林道の上のたばこ畑に無数にあったクマの足跡。さっきのクマのものだと思います。それにしても大きい足です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

若い個体をいくつか

午後2時30分。

晴れ/曇り。

今年はまだまだ暑いですねぇ。

Dsc_5763 Dsc_5772
ナツアカネ。子供のころは朝から薄暗くなるまで、一日中トンボを捕まえたり沢でカニを眺めたりしていました。

Dsc_5801
サンショウの実。ついこの間花が咲いていた気がするけど。仕事に追われてると、時間が過ぎるのがあっという間です。

Dsc_5807
裏山の林道の分岐点。濃い緑から枯れ葉色に替わり始めています。

Dsc_5847 Dsc_5854
たぶんヤマハッカ。

Dsc_5861
ハナカジカのいる沢沿いを歩いていたら、白花のツリフネソウに出会いました。初めて見たのでびっくり。この辺に数株ありました。

Dsc_5883
アケボノソウ。1本だけ咲いてます。数が減ってしまいましたね。

Dsc_5885
稚ガニを抱える母ガニ。沢の下流は護岸工事で生き物が住みづらい環境になってしまいました。この辺だけでも、この自然が残ってほしいです。

Dsc_5889
ハナカジカの幼魚。若い個体はめったに見られません(いても気づくのは難しいですし)。今日は他に2匹の大人カジカを見つけました。何年か前の土砂崩れで沢が埋まってしまって心配したけど、回復してきているようです。ひと安心です。

Dsc_5905
こちらは、オスのサワガニ。立派なハサミを持っています。

Dsc_5908
タゴガエルの幼体。手足が細いです。餌を獲って大人まで成長するのは大変なんだろうなぁ。

Dsc_5916
色を変えたアマガエル。

Dsc_5930
カラハナソウ。今週が盛りかも。定期的に山を歩いていると、毎週いまが旬の山野草に出会います。ヒット曲の歌詞の通りだなぁなんて実感します。

Dsc_5934 Dsc_5933
(たしか)3年前に伐採されたクルミの木が、ひこばえから実を付けるまでになりました。すごい再生能力。

Dsc_5936
モリアオガエルの幼体。こちらも手足が細いです。

Dsc_5949
上空をアマツバメが5羽飛んでいました。トンボを食べ放題なのか?ビュンビュン、バネのある飛び方をします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

初夏の生き物など

午後2時前。

曇り。

午後になって、天気が悪くなってきました。

Dsc_3903
クマバチ。家の裏の生垣になっているウツギの花が咲きました。今の時期になると、いろんなハチやアブが集まってきてにぎやかになります。

Dsc_3907
裏山のモミジイチゴに実がつき始めました。花の時期に雨が多かったからか、実のつきはあまりよくないです。

Dsc_3939
沢の大きな石をひっくり返したら、サワガニがいました。オスです。トンネルを掘って、巣にしてるようです。

Dsc_3997 Dsc_4003
ショウジョウトンボ。1匹だけいました。真っ赤でとても目立ちます。

Dsc_4034
久しぶりにリスを見ました。下にはモミジイチゴの群落があるけど、食べに来たのかな。

Dsc_4050
たぶんコサメビタキ。ひらりと飛んで、蛾を捕まえて食べてました。蛾の羽も枝にとまる前に上手に落としてました。

Dsc_4057
小さいけれど、モリアオガエルかも。若い個体かな。肌がザラザラした感じです。指先の吸盤も大きい。分類は難しいです。

Dsc_4067
ホタルブクロが咲き始めました。初夏ですね。

Dsc_4077
ダビドサナエ。バッタは、ミヤマフキバッタかな?

Dsc_4097
ハナカジカ。沢に沈んでいる枯れ葉を持ち上げたら、びっくりして陸に飛び出しました。ここ数年あまり見かけないので、絶滅が心配です。今日はもう1個体を見つけました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

初夏の裏山

午後2時過ぎ。

曇り。天気の悪い週末が続いています。

Dsc_3614
ガマズミ。 あちこちで咲いてました。今週が旬です。

Dsc_3660
カモシカの親子。裏山の向こうの田んぼのそばにいました。ばったり出会って逃げられました。大人のカモシカは驚くと「ジャッ」という感じの声を出しますが、この子カモシカは「メェ~」とヤギみたいな震える声でした。いったん杉林の中に逃げ込んだ子カモシカですが、母親の元に戻ってきて、おっぱいを飲んだり母親の背中に両前足を乗せてじゃれたり、あまりこちらを気にしないでくれました。また会えたらいいですね。

Dsc_3726
たぶん、ツルマンネングサ。田んぼや畑の畔にたくさん咲いてました。

Dsc_3777
バイカウツギ。図鑑を見ていたら、バイカウツギにもいろんな種類があることを知りました。畑の縁に植えてある木と、林道の縁のものでは葉が違う気がします。写真はうちの畑の縁にある大きめの木。

Dsc_3805 Dsc_3812
池の中で、イモリが求愛行動をしてました。メスの面先で、オスがしっぽを震わせています。

Dsc_3829
子供のころによく食べたクサイチゴ。おいしそう。

Dsc_3843
杉に囲まれた池から「コロロッコロロッ」とモリアオガエルの鳴き声がしてました。草をかき分けて探したら、水面で鳴いていました。もう少し近づいたら逃げられました。警戒心が強いです。

Dsc_3864
辺りも薄暗くなってきた頃、漆林の地面に、2羽のアオゲラがいました。自分に驚いて、幹に飛び移りました。ときどきブルルッと羽毛を膨らませます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

モリアオガエル

午前11時。

晴れ。先週からモリアオガエルの産卵が始まっています。今日は、モリアオガエルを見られたらいいなと思っています。

Dsc_3421
これは、オオバギボウシの葉にすっぽりはまって休んでいるアマガエル。

Dsc_3439
ハナニガナ。いつも林道のど真ん中に咲きます。そのため、刈り払いでなくなることもしばしば。

Dsc_3444
今年生まれのトウホクサンショウウオの幼生。まだ足がありません。

Dsc_3499
ノイバラ。畑のそばで咲いていました。雑草な雰囲気ですが、花はきれいです。

Dsc_3506
ナルコユリ。

Dsc_3508 Dsc_3511
この辺で一番大きいため池の周りの木に、モリアオガエルの卵が産みつけられていました。大きく写した方は、木の裏側に回りこんで撮影。まだ白いので、最近のものだと思います。

Dsc_3524 Dsc_3561
さっきのため池の近くに別なため池があって、その周りのフキの葉の上にモリアオガエルが何匹かいました。写真はそれぞれ別な個体です。目が赤っぽいのと大きい体、あと指先の吸盤が大きいのも特徴です。普段はめったに見られないので、今日はラッキーです。

Dsc_3559
こちらは、小さいし目の色が全然違うので、シュレーゲルアオガエルだと思います。でも、モリアオガエルの幼体だったら区別がつかないかも。

Dsc_3537
ため池の周りで、サイハイランもたくさん見つけました。いままで咲いている場所は2ヶ所しか知らなかったのでうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

秋の野草など

午後1時40分。

晴れ。

いつものように裏山へ出かけました。

Dsc_8670

ヤマブドウ。昔は、これでジュースを作っていました。

Dsc_8697

アカバナ。オニヤンマが産卵していた湿地に咲いてました。

Dsc_8716

トウホクサンショウウオの幼生。同じ湿地で。

Dsc_8729 Dsc_8782

ツリバナ。あちこちに、たくさん実を付けています。

Dsc_8764

ゴジュウカラ。久しぶりの野鳥撮影。難しいです。

Dsc_8786

ミヤマガマズミ。昨年に比べ、今年はきれいに実を付けている木が多いです。

Dsc_8788

アキノキリンソウ。秋の野草。

Dsc_8827

アケボノソウ。ハナカジカの棲む沢沿いに、少し咲いています。今年はひと株しかなくて、ちょっと心配してます。

Dsc_8839 Dsc_8843

ヤマボウシ。 実は食べられるらしいのですが、虫が付いてると嫌なので、食べたことないです。

Dsc_8855

キンエノコロ。たくさん生えてるときれいです。

Dsc_8872

アオサギ。リンドウ畑に行ったら、池にいてビックリしました。初めて見た。まさかこんな場所にもいるとは。すぐに飛び立ったので、飛んでるところを記録写真。

Dsc_8877

トラハナバチ。リンドウの花にくっついてて、わずかに動きます。

Dsc_8891

シュレーゲルアオガエル。大きいからメスかな。

Dsc_8901

カンボク。ついこの間まで青かったのに。

Dsc_8906

カラハナソウ。きれいな穂は撮らないでしまいました。今週けっこう見かけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

ギンラン

午後3時。

うす曇り。

少し暑いです。

Dsc_6133 Dsc_6141

ホオノキの蕾。

Dsc_6154

ハエらしき虫を食べているシオヤトンボ。

Dsc_6193

今年も咲いてくれた、ヤマシャクヤク。白と緑のシンプルさが、好きな理由です。ほんときれい。

Dsc_6245

ギンラン。1株だけ発見。ラン類を見つけると、ドラクエで宝箱を発見したのと同じ喜びが。

Dsc_6247

マイヅルソウ。まだ咲ききってないけど、来週には終わってそう。

Dsc_6275 Dsc_6287

オドリコソウ。刈り払いされる前に撮っておかなければなりません。

Dsc_6297

シュレーゲルアオガエル。

Dsc_6324

林の中は、ちょっと涼しげ。

Dsc_6343 Dsc_6345

リスが向こうから、地面を駆けてきました。こちらに気づいて、木に飛び移ります。朝山を歩くことがなくなったので、久しぶりに見かけました。右の写真は、リスの巣らしきもの。

Dsc_6378 Dsc_6413

リンドウ畑に行ったら、いつも自分が腰かけて休む丸太でカモシカが横になってくつろいでいて、こちらにビックリして跳ね起きました。でも、すぐには逃げなくて、しばらくこちらを見つめていました。春に見た個体かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧