« 初夏の生き物 | トップページ | 休耕田のトンボ »

2014年6月22日 (日)

トウホクサンショウウオ

午後2時30分。

晴れときどき曇り。

Dsc_5078
ミツバウツギの種。ちゃんと花を見ないうちに、もう種になりました。季節が変わるのが早いです。

Dsc_5086
いつもトウホクサンショウウオが卵を産む小さな止水域で、縁をドンドンと揺すってみたら現れました。トウホクサンショウウオの成体を見るのは初めてです。何年もずっと探していたので感動しました。

Dsc_5108
きれいな状態のクジャクチョウ。近づくと逃げるので、撮影が難しいです。

Dsc_5156
ウラギンヒョウモンだと思います。たくさん飛んでます。

Dsc_5192
休耕田でヤマアカガエルの幼体。たくさん見かけますが、まだオタマジャクシの個体もいます。

Dsc_5217
えっと、バイカウツギかな。終わりの方の花です。花弁が落ちている状態の方が多かったです。

Dsc_5265 Dsc_5282
モリアオガエルの卵塊。池の周囲の木が伐採されたので、フキの葉に産みつけられていました。

Dsc_5324
シュレーゲルアオガエル。自分が見分けているモリアオガエルとの一番の違いは、指先が繊細なところかな。

|

« 初夏の生き物 | トップページ | 休耕田のトンボ »

両生類」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57564/56632673

この記事へのトラックバック一覧です: トウホクサンショウウオ:

« 初夏の生き物 | トップページ | 休耕田のトンボ »